自律神経失調症が起こる原因|体の不調に耳を傾けよう

先生

交感神経と副交感神経

先生とナースと患者

自律神経とは

もともと自律神経とは、字のごとく自分の意志とは関係なしに体を維持するために働く神経のことです。暑いと汗が出たり、緊張すると心拍数が増したり、寝ていても呼吸をしたり、これらはすべて自律神経が関係しています。自律神経失調症とは、なんらかの問題でその自律神経のバランスが崩れてしまったために起きるいろいろな症状のことをいいます。自律神経には副交感神経と交感神経の二種類があります。交感神経は緊張したときや活動的になるときに優位になる神経です。血管を収縮させ血圧を上げ筋肉に栄養を行き渡らせ、すぐ機敏に動けるように体を準備します。副交感神経は、リラックスしたときや安静時に優位に働きます。血管を拡張させ、血圧を下げ食べ物を消化するために胃や腸への血流を増やしたりします。どちらが強すぎても体のバランスは崩れてしまいます。

呼吸でバランスを

現代の日本人は、ストレスが多く緊張状態が続く環境に置かれることが多いため交感神経が優位に働いてしまう傾向にあります。自律神経失調症になる原因の一つにストレスがあると言われています。過度なストレスは交感神経を優位にし、そのため血管の収縮を促し、高血圧や動悸などの問題を引き起こすことも考えられます。リラックスできる時間をもって、副交感神経を働かせ自律神経失調症を改善しましょう。人体の中で唯一、自律神経と自分の意思で動かす随意神経どちらもかかわっているのが、呼吸筋です。普段は意識していなくてもできる呼吸ですが、意図的に長くしたり短くしたりもできます。一般に息を吐くときは副交感神経が優位に、息を吸うときは交感神経が優位に働くと言われています。日頃の生活の中で、吐く息を長くするように心がけて呼吸をすることで、副交感神経を優位にすることができます。交感神経が原因の自律神経失調症の症状も改善が望めるかもしれません。